三菱ふそう「キャンター」などの小型トラックの盗難が全国で増えているそうです。「キャンター」の中でも、特にクレーン付きがよく盗まれるみたいです。

トラック盗難のニュース

8月24日の朝日新聞によると、福岡県警が、大分県中津市の土木建設業者の車庫からトラック1台を盗んだ容疑で、海外国籍の犯人グループを逮捕したとのこと。

その犯人は、福岡県古賀市の自動車解体施設・ヤードで盗んだトラックを解体し、部品としてコンテナにまとめて海外に輸出していたらしいです。
2017年以降、福岡県と大分県では、合わせてトラック数十台の盗難被害があったそうです。盗まれたトラックの中でも多かったのは、三菱ふそうの「キャンター」のクレーン付きのもので、数十年前の型式だったそうです。

以前書いた記事でもご紹介しましたが、

なぜ古いトラックを買い取るのか?中古トラックと輸出について

日本のトラックは型式が古くても性能がいいので、海外ではとても人気があります。

今回盗まれたトラックは、写真を見ると、持ち主の庭に設置された簡易車庫に収められていたようです。

その車庫は、ビニールハウスの骨組みのようなものに、幌布のようなものをかけただけのもので、入り口のドアもなく、あれでは誰でも簡単に入れてしまいます。

トラック盗難その手口と対策

トラックの盗難がなぜ多いのかという理由を知らなければ、この被害者のように、セキュリティが緩い状態で、いとも簡単に盗まれてしまいます。

現に、日本損害保険協会の意識調査では、自分の車の盗まれる危険性を感じていない人が4割近くいるとの統計があります。

日本はまだまだ平和で安全な国なんですね。

トラックに鍵をかけていても、犯人は簡単に車を盗みます。その手口は、様々です。

リレーアタック

トラックのドアの開閉を自動で行ってくれる便利なスマートキーですが、「リレーアタック」という盗難の手口があります。

トラックとスマートキーの両方からは、常に微弱な電波が流れています。この微弱電波を不正に受信するなどして、鍵がなくても車にエンジンをかけて、持ち去ってしまうのです。

リレーアタックの防止対策

リレーアタック」を防止するには、電波を遮断する必要があります。トラックを使わないときは、鍵をかけた後、自宅で保管する場合は、アルミ缶などにスマートキーを入れておくといいですね。

ピッキングや持ち逃げ

スマートキーではない普通の鍵のトラックでも盗難は起こります。ピッキングとは、トラックのドアのカギ穴に特殊な金属のヘラを差し込み開錠する手口です。

持ち逃げとは、クレーン車やレッカー車で持ち去る手口とのこと。

その他、自宅に侵入し、車の鍵を持ち去ったり、トラックの合い鍵を作成して車を持ち去ったりとまぁ、犯人もいろいろ考えるものですね。

トラックの盗難防止対策まとめ

「トラックを使わないときには必ず鍵をかける」ということがトラックの盗難防止対策としてまず初めに守りたいことです。

たとえわずかな時間でも、トラックから離れるときは必ずエンジンを切って、窓を閉め、鍵をかけましょう。

盗難には「キーつき盗難」と「キーなし盗難」の2種類があり、「キーつき盗難」とは、トラックに鍵をつけっぱなしにしていて盗まれるというものです。

ある統計では、車の盗難の3件に1件は、鍵をつけたままで盗まれているそうです。

「キーなし盗難」とは、トラックに鍵をかけたにもかかわらず、盗まれるというものです。

これを完全に防止するのは難しいですが、あまり人のいない場所への駐車や、路上駐車はやめる、できれば鍵やシャッターのかかる車庫に車を置く、人感センサーなどを設置する、防犯グッズを使用するなど、工夫したいですね。